伊勢志摩バリアフリーツアーセンター> 交通機関バリアフリー情報> 近鉄 アーバンライナー

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターナビゲーションをスキップして本文へ移動
トップページへ
わたしたちのこと
コンテンツ


バリアフリー観光の本
バリアフリー観光の本
「恋に導かれた観光再生」
お問い合わせ・ご相談

伊勢志摩バリアフリーツアーセンター

電話 0599-21-0550  ファックス 0599-21-0585

開局時間 9時〜17時30分
木曜日定休
E-mail
iseshima@barifuri.com

車両情報

【近鉄】アーバンライナー

(最終更新日:2016年3月)
特長 大阪〜名古屋間の運行が中心だが、伊勢志摩へも日に数回運行。
質の高い車両デザインは、登場当時グッドデザイン賞を受賞した。
独立シートのデラックスカー1両と、レギュラーカーで編成されている。
走行区間
(2016年3月現在)
大阪難波・上本町〜近鉄名古屋間のノンストップ運転が中心。
伊勢志摩へは、近鉄名古屋から、平日1往復、土日休日4往復。
車いす対応座席 基本的には5号車(レギュラーカー)に、2席あり。
Webサイト http://www.kintetsu.co.jp/gyoumu/Express/train/urban.html
注意事項 車両通路は幅が狭く、車いすでの通行はできない。
備考 デラックスカーは、特急料金の他に特別車両券が必要。
【料金例】大阪難波または近鉄名古屋から、鳥羽・賢島まで、410円/1名。

 

車両のようす

レギュラーカー車内のようす   車いす対応座席
レギュラーカー車内のようす。
車いす対応座席は、一人掛けがドア近く左右に2席ある。
車いす対応座席部分の通路幅は134cm。それより先の通路幅 45cm。
  車いす対応座席(写真はひじかけを上げたところ)。座席下部横には、車いす固定用のベルトもついている。
基本は座席への移乗だが、移乗が難しい場合は、座席横に車いすを固定しよう。
     
車いす対応座席   車いす対応座席
近鉄の場合、車いす座席1席につき、前(もしくは背後)の2席も自動的に予約され、3席で1セットとなる。
一人旅なら、2席分は空席。同行者がいる場合は、2席並びの席に移乗できれば、並んで旅を楽しめる。また座席を回転させれば向かい合わせにできる。
  デラックスカー車内のようす。
通路幅 45cm。
座席は、1席ずつ独立している。座席幅も通常より広く、まるで社長のいすのよう!

 

車両内トイレ

車いす対応トイレと洗面   車いす対応トイレ入口
車いす席と同じ車両に、多目的化粧室がある。
入口幅 85cm、自動スライドドア。
曲線を描くドアが特長。
  自動ドアの押しボタンは2ヶ所にあるが、高いところにあるボタンを押すと狭く開き、車いすの高さのボタンを押すと幅85cmまでいっぱいに開く。
     
トイレ内部   便器まわりのようす
トイレ内部広さ 210cm×75cm。ドアの曲線部分では幅97cmほどあるので、車いすで使える方も多そう。   便器両側にL型に手すりがある。


このサイトに掲載されている文章及び画像等の著作権は、断りの無い限り、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが保有します。許可無く複製・転用・翻訳・翻案・放送・出版・販売・貸与することを禁じます