伊勢志摩バリアフリーツアーセンター> 交通機関バリアフリー情報> JR 快速みえ 

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターナビゲーションをスキップして本文へ移動
トップページへ
わたしたちのこと
コンテンツ


バリアフリー観光の本
バリアフリー観光の本
「恋に導かれた観光再生」
お問い合わせ・ご相談

伊勢志摩バリアフリーツアーセンター

電話 0599-21-0550  ファックス 0599-21-0585

開局時間 9時〜17時30分
木曜日定休
E-mail
iseshima@barifuri.com

車両情報

【JR】快速みえ

(最終更新日:2016年3月)
特長 快速列車のため、特急料金が不要で、名古屋から伊勢・鳥羽までの運賃は近鉄特急よりも安い。
名古屋駅では新幹線隣のホームから発車するため、名古屋まで新幹線で来る方にとっては、乗継ぎが楽なのも嬉しい。
2両または4両編成で、一部が指定席、他は自由席。
走行区間
(2016年3月現在)
名古屋〜伊勢・鳥羽間。 1時間に1本程度運行。
鳥羽が終点で、志摩方面には走っていない。
車いす対応座席 表示は「優先席」。
2両編成の場合は1編成に1ヶ所(2席×向かい合わせ)、4両編成の場合は指定席に1ヶ所(2席×向かい合わせ)、自由席に1ヶ所(2席×向かい合わせ)あり。
Webサイト
注意事項 最近人気が高く、特に名古屋発の指定席は、土日などは売り切れることもある。
備考  

 

車両のようす

車いす座席のある車両入口ドア
  車いす乗車のようす
車いす座席のある車両の外部ドア幅 130cm。
  ホームと車両には25〜30cmほどの段差があるので、駅員さんに簡易スロープを用意してもらおう。
     
車いす対応座席   車いす対応座席の座面を上げたようす
車いす対応座席は向かい合わせのボックス席。写真は、ひじ掛けをはね上げたところ。指定席・自由席ともに同じ形状。
  車いす対応座席の座面は簡単にはね上げることができる。座面裏には握り棒とワイヤーがついている。
     
車内のようす   移乗できない方の乗車のようす
車内のようす。
通路幅は74センチと広いので、座席近くまで車いすで行くこともできる。
  座席に移乗できない方は、車両両端などにあるスペースを利用して乗車する。

 

車両内トイレ

車いす対応トイレと洗面   車いす対応トイレ入口
車いす座席の前に、化粧室がある。座席とトイレとの間の通路幅は76cm。   入口幅 77cm、手動スライドドア。
トイレ内部広さ 173(床では154)cm×78(最小62)cm。
     
トイレ内部   便器まわりのようす
車いすを回転させることはできないが、正面からの移乗ができる方ならなんとか使えそう。   便器両側にL型手すりがあるが、向かって左側の手すりはドア位置の関係で使いづらい。


このサイトに掲載されている文章及び画像等の著作権は、断りの無い限り、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが保有します。許可無く複製・転用・翻訳・翻案・放送・出版・販売・貸与することを禁じます