伊勢志摩バリアフリーツアーセンター > 観光施設バリアフリー情報 > ミキモト真珠島

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターナビゲーションをスキップして本文へ移動
トップページへ
わたしたちのこと
コンテンツ


お問い合わせ・ご相談

伊勢志摩バリアフリーツアーセンター

電話 0599-21-0550  ファックス 0599-21-0585

開局時間 9時〜17時30分
木曜日定休
E-mail
iseshima@barifuri.com

観光施設バリアフリー情報

【鳥羽市】ミキモト真珠島

最終更新日:2017年9月

ミキモト真珠島と、島へ渡るパールブリッジ

ミキモト真珠島と、島へ渡るパールブリッジ

ミキモト真珠島は、1893年、御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した島。現在はパールブリッジで本土とつながっている。島内には真珠博物館、御木本幸吉記念館、パールプラザなどの建物があり、海女の実演ショーが行われ、真珠の魅力を満喫することができる。
パールブリッジへ上がるには階段もしくはエスカレーターを利用するが、2017年春、車いすのままで利用できる階段昇降リフトが設置され、より便利になった。
島内は、スロープやエレベーターにより快適に回れる。また島内は、補助犬の入場はもちろん、ペットもリードをつけていれば散歩OK。

車いす使用者用駐車場 × 車いす対応トイレ ○(3ヶ所)
貸出し車いす 補助犬
画像はクリックで拡大できます。

ミキモト真珠島のあるきかた

スキップして施設詳細へ移動

ミキモト真珠島専用駐車場

専用駐車場は、国道42号線から近鉄の高架をくぐり、さらに左折したところにある。係員常駐。乗用車、観光バス、マイクロバス駐車可。

専用駐車場からの通路

専用駐車場と真珠島は、国道を挟んで向かい側になる。国道と近鉄高架の下をくぐる地下通路を通ると、真珠島の入口に出る。

通路出口の傾斜

地下通路の真珠島側のスロープは傾斜がきついので、車いすの方は介助者がいたほうが良い。

ミキモトパーキング

もう1ヶ所の駐車場、「ミキモトパーキング」。大きな青い「P」の看板が目印。国道42号線沿いにあり、わかりやすい。無人で、開閉バー式。
真珠島までは150メートルほど歩くが、平坦な歩道を通っていける。

入場券売り場

入場券売り場。身体障害者手帳等の提示により割引有り。

パールブリッジへのエスカレーターと階段

島へ渡るパールブリッジへは、エスカレーターか階段を利用して上がる。
2017年春、車いすのままで利用できる階段昇降リフトが設置された。

階段昇降リフトに乗る車いす使用者

階段昇降リフトの操作はスタッフが行ってくれる。

階段昇降リフト パールブリッジに到着

パールブリッジに到着したところ。
ブリッジを渡ったら今度は島へ下りる必要があるので、もういちどリフトを使う。行き帰りで計4回リフトに乗ることになる。

貸出し車いす・ベビーカー

島側の入口には車いすとベビーカーが多数用意されており、島内で自由に利用できる。

パールブリッジからの出口

パールブリッジからの出口を、島側からみたところ。
出口のスロープは傾斜がやや急なので注意して。

真珠博物館への屋根付き通路

真珠博物館へ向かう通路には屋根が付いているので、雨の日でも安心。

真珠博物館外観

真珠博物館外観。
入口・館内ともに段差なし。
奥(写真左)の建物はパールプラザ。

真珠博物館館内の展示

国内初の真珠専門博物館。数多くの資料がパネルと共に展示されている。
2階のアンティークジュエリーや真珠工芸品の展示コーナーは必見!
展示は車いすでも見やすい。

スタッフの解説を聞く車いす使用者

1階の展示室では、スタッフが真珠の養殖法や真珠製品のできるまでについて、映像と共に解説してくれる。

巨大なシャコ貝には触れる

巨大なシャコ貝に触れてみる視覚障害の方。

ホンモノの真珠を当てるコーナー

ホンモノの養殖真珠か模造真珠かを当てるコーナー。真珠どうしをこすり合わせると、感触の違いがわかる。手に取って比べられるので、視覚障害者にもおススメ。

ホンモノの真珠当てに挑戦中の視覚障害者

実際に触って違いを確認している視覚障害の方。

真珠博物館内車いす対応トイレ

真珠博物館内車いす対応トイレは、1階エレベーター横にある。
まず、スチール製の開きドアを開け、通路を通って奥のトイレへ向かう。開きドアはやや重いので、開けにくい場合はスタッフにお願いしよう。

真珠博物館エレベーター

真珠博物館エレベーター
入口幅77センチ、幅139センチ×奥行133センチ。手すりあり、車いす用操作盤なし。

パールプラザエレベーター

真珠博物館と隣のパールプラザは、2階でつながっている。
パールプラザエレベーター
入口幅88センチ、幅161センチ×奥行150センチ。車いす用操作盤あり。

レストランあわこう入口

レストラン「阿波幸(あわこう)」入口
御木本幸吉の生家のうどん屋の名にちなんだレストラン。パールプラザ2階にある。
営業時間:9時〜16時(季節により変動あり)。

レストラン内部

「阿波幸」店内のようす
大きな窓から鳥羽湾の景色を楽しみながら、食事ができる。真珠を育むアコヤ貝の貝柱料理がおススメ。
すべてテーブル席。

車いすの方への対応

テーブル下高さは61センチだが、ひざが入らない場合は、テーブルの足の下に板をかませて高くしてくれる。5センチ高くなり、66センチになる。

パールショップ

パールプラザ1階パールショップ
広いフロアに、数千円から数千万円まで!のパールジュエリーが揃う。ミキモト真珠島だけのオリジナルアイテムも充実。

パールプラザ内車いす対応トイレ

パールプラザ内車いす対応トイレ
1階にある。

海女スタンド

海女スタンドでは、昔ながらの白い磯着を着た海女の実演が、毎日、およそ1時間おきに行われている。
荒天の場合は中止。

海女スタンドへのスロープ

スタンドに向かって左側にスロープがあり、上がった先に車いす用観覧席が設けられている。

車いす用観覧席で観覧する車いす使用者

車いす用観覧席
目の前で海女の素潜りを見学できる。

海女の実演のようす

昔ながらの白い磯着を着た海女が、実際に貝を取るようすを見せてくれる。

遊歩道を進む車いす使用者

島をぐるっと1周できる遊歩道が作られている。道に段差はないので、散策に最適。
リードをつけていればペットの散歩もOK。

御木本幸吉記念館 外観

御木本幸吉記念館。向かって右手にスロープあり。
真珠養殖の父、御木本幸吉の生涯と業績が、数多くの写真や実物、説明パネルによって物語られている。幸吉と妻のうめに親近感を抱ける展示が興味深い。

御木本幸吉記念館内 授乳室

御木本幸吉記念館内の授乳室には、ソファ2台とベッド、流し台があり、授乳以外にも、介護ベッドが必要なときにも使える。
利用したい時はスタッフまで。島内の授乳室はここだけ。

御木本幸吉記念館内車いす対応トイレ

御木本幸吉記念館内車いす対応トイレ

施設詳細

基本データ
住所 〒517-8511 鳥羽市鳥羽一丁目7-1
TEL・FAX TEL:0599-25-2028 FAX:0599-25-2655
公式サイト http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp
(外部サイト・別ページが開きます)
営業時間 ■2017年
8月16日〜10月31日 8時30分〜17時30分
11月1日〜11月30日 8時30分〜17時
12月1日〜12月11日 9時〜16時30分
12月15日〜12月24日 9時〜16時30分
12月25日〜12月31日 9時〜17時
■2018年
1月1日〜1月3日 8時30分〜17時30分
1月4日〜3月18日 8時30分〜17時
※入場券売り止めは閉場時間60分前
休館日 毎年12月第2火曜日から3日間
(2017年は、12月12〜14日の3日間)
料金 大人1,500円 小中学生750円 20名以上は団体割引あり
障害者割引あり 大人障害者800円 小中学生障害者400円 介助者も同額
アクセス JR・近鉄鳥羽駅より、徒歩約7分
駐車場 2ヶ所(専用駐車場とミキモトパーキング)あり。 障害者専用駐車区画はなし。
有料 普通車2時間500円、1時間延長ごとに250円。
貸出し・サービス 無料貸出し 車いす約8台、ベビーカー約10台
車いす対応トイレ 3ヶ所(真珠博物館1階・パールプラザ1階・御木本幸吉記念館)
ユニバーサルシート 御木本幸吉記念館内の授乳室にあるベッドを利用できる
オストメイト なし
補助犬 OK!(ペットもリードを付ければ入場OK!)
レストラン あり
全テーブル席。車いすでもテーブルに足が入るように、板をかませてくれる
おすすめポイント

真珠博物館での、天然真珠を用いたアンティークジュエリーの展示や、明治から昭和初期にかけて製作されたミキモトクラシックのジュエリーコレクション、真珠をふんだんに使用した美術工芸品など、ここでしか見られない逸品の数々は必見。
また、ショップではお手頃な価格から目の保養になる数千万円のものまで、多彩なパールジュエリーが揃う。

島のおよそ1/3は、樹齢200年を越すマツやカシノキなどが生い茂る自然林で、野鳥の住処にもなっており、島全体が海を望める美しい散歩道になっている。

ペットは、ケージに入れなくても、レストラン・喫茶以外ならリードをつけていれば入場OKなので、一緒に島内の散歩を楽しめる。

注意点
  • 車いすの方が多数いる場合、パールブリッジへの階段昇降リフトには1台ずつ乗るため時間がかかるので、時間に余裕を持っておいたほうがよい。
MAP

調査員レポート

調査員OK(簡易電動車いす利用) 調査日:2013年11月20日

色んな場所を見学させて頂きながら、電動車いすでの移動は不自由なく回る事ができた。
敷地内は、屋根が付いているので、雨の日でも見て回る事ができる(一部屋根なし)。

館内のトイレも、ゆったり使える。
小さい子供を連れていても安心。1部屋が授乳やオムツ替えにも便利な場所があり、休憩できる。

レストランの中も工夫されていて、通常車いすだと景色の悪い場所に案内されたりするが、空いていれば景色の良い席に案内してくれて、テーブルの高さを車いす用に合わせてくれる。どこの施設に行っても、こんな素敵なサービスはないと思う。
段差はなく、隣のテーブルとの間隔も問題ない。

販売されている真珠は、自分用に、お土産に、お手頃価格から高級品まである。 見ているだけでも幸せな気持ちになる。


このサイトに掲載されている文章及び画像等の著作権は、断りの無い限り、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが保有します。許可無く複製・転用・翻訳・翻案・放送・出版・販売・貸与することを禁じます